虹のかなた 3

管理人ヒナタロウの母さん の日々の出来事・画像です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今日までそして明日から

今朝、遅い食事を夜勤から帰った主人と摂ってると
テレビは吉田拓郎とかぐや姫のつま恋のコンサートの模様を放送してました。
べつにファンというわけじゃぁないけど、
耳慣れた曲が聞こえてきます。
30年前に歴史に残るコンサートがあったことは、
よく覚えています。

そして、ことし30年ぶりに開かれたコンサート
会場のファンは、40代50台のけっして若くはない人たち
その人たちが、口々に歌いながらコンサートを楽しんでいます。

30年まえのコンサートはそれなりにすごかったのでしょう。
いまだに語り継がれていますから・・・
でも今年のコンサートは、30年と言う年月を背負ってきた
いろんなことがあったはずの人たちが、3万人以上集まった。
そして、各々このコンサートを本当に楽しんでいる姿にこころ打たれました。

そして、エンディングは「今日までそして明日から」
この曲は知っていましたがこの曲って拓郎がデビューした年にかかれた曲なんですって
でもなんとこの会場のファンの人たちに合った曲なんでしょう

私は今日まで生きてみました そして今私は思っています 明日からもこうして生きていくだろうと~~

ほんとうにすてきな歌だと改めて思いました。
今までと同じようにこれからも生きて行くのはほんとうに難しい
それをうたにすると、ほんとうに感動を覚えます。

そして、こうして30年と言う長い時間を歌と共に生きてきた人がうらやましいと思いました。

「今日までそして明日から」は、古い歌だけど、新しいいまの気持ちだと・・・

歌の間に拓郎は、「ファンに向かってよく来たねぇ」
とねぎらっていました。
そして、最後はふがぶかと頭を下げていました。

なにげに観たコンサートに本当に感動しました。
スポンサーサイト
  1. 2006/11/23(木) 20:56:44|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。